プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 
ノーテンキな夫と二人暮らし。
独立した子供3人あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

ミツバツツジのアーチをくぐって

鶏冠山(とさかやま)  490.9m  滋賀県大津市

 山あり谷ありの変化あるコース、随所に迫力のビューポイント、ぐるりと周遊可能!
おまけに2ヶ月前に開通した新名神、記念で6月30日まで割引有り。
そこまで聞いたら、絶対行くしかないではないか!
ぜひ、滋賀県まで遠征だ。

 新しい高速道路、当たり前だが山の中を縫うように伸びている。
車窓からの山々の景色が、これまた大きな楽しみである。
所々に目に付くのはミツバツツジのピンクである。
桜のような華やかさはないが、健気に自己主張している。
若葉に混じっても、充分目を引いて綺麗だ。

 たどり着いてみると、なんとこちらの山もミツバツツジのオンパレードである。
意図していなかった事もあり、感激度が大きい。
丁度、満開で登山道脇に、あっちにもこっちにもと登場。
思いがけず、ミツバツツジを見上げて歩く事になる。
偶然、こんなに良い時に来られて、嬉しい気持ちで一杯である。

 新緑も鮮やかな萌黄色でほんとに美しい。
渓流の音に交じって、小鳥のさえずりが聴こえる。
稜線上にある、風化した花崗岩の景観も珍しく、見ごたえがある。

 大きな岩石をロープで登ったり、ウッカリ下を見れば卒倒しそうな箇所を、鉄梯子で渡ったりと確かに変化に富んでいる。
樹林帯も少ないので、登山道での眺望も抜群である。
開放感あふれ、登っていても気持ちが良い。
そのうち頂上付近になり、アッとびっくり!

 なんと、イワカガミの群落ではないか!
・・・イワカガミ、アールヌーボーのテーブルランプのような形をしている。
小さくて可憐なピンクの花である。
それら沢山の株が、あっちにもこっちにも木々の根元で咲いている。
こんなに沢山のイワカガミを一度に見たのは初めてである。
またもや、大感激である。

 頂上に着く。
木々に遮られ眺望は、ほとんど無い。
記念撮影のみして、先を急ぐ。

 暫らく行くと天狗岩という、巨大な岩が出現。
人が数人上がっているのが見える。
自分もよじ登り、おっかなびっくりで上に立つ。
恐ろしい思いをしただけの事はあり、琵琶湖や南、東方面の山々など大迫力の展望である。

 人ごみは苦手なので、もう少し進んだ眺望の良いところでお弁当にする。
時計は12時半を示していた。
登山口スタートから、すでに3時間経過している。
朝4時半に起き、張り切って作ったお弁当。
お腹がペコペコで胸の透く景色を前に、食べるのは本当に贅沢。
贅沢っていう言葉、あんまり今まで使う事なかったが、こういう時に使うんだな、と最近実感。
 
 それにしても、今回のミツバツツジとイワカガミは望外の嬉しさである。
まだまだ、行ってないところ、見たことない景色がいっぱいある。
知らないところ、知らないですごしていた所への憧れで心は次の山へ向かう。

 

※ そうそう今まで沢山、色んな山に行ってるけれど、知っている人には一度も会った事がなかった。
  しかし今回、登山口で隣町に住んでいるイトコに、偶然バッタリ会った。
  お互い、腰を抜かさんばかりに驚いた。


ずっと変わらないよ!


 ないものに気持ちを向けて、ひがんだり愚痴ったりするのは好きじゃない。
持っているものや置かれた環境、状況を感謝し喜びたい。
それを最大限に活かし、味わう事を心がける事。
ずっと前から変わらない自分のポリシー。

 22歳で、お嫁に来た。
それまでも、けっこう楽しく過ごして来た。
だが二人だと、毎日をもっと楽しく過ごせる気がした。
せっかく一緒に暮らすんだから楽しまなければ!と意気込んだ。

 今、その未来に立っている。
やっぱりあの頃の自分の思いは、間違ってなかったと思う。
 
 何かやろうと思っても、一人より二人で計画した方が、確実に実現率が高い。
一人で仕事や作業した場合の成果は、当たり前だが1人分。
だが、二人で協力し、手分けしてやってみる。
二人分の成果が出るかと思いきや、それ以上の成果になる事が多い。

 日常の様々な楽しみも、一人で浸るより二人で浸った方が倍以上の楽しみを感じる。
嬉しい気持ちが確実に増幅する。
沈んだ気持ちも一人だと深刻、二人なら何となく誤魔化されてしまう。

 ずっと一緒に同じ景色を見て来た気がする。
これからも、同じ景色に心動かし、過ごしていくだろう。

 今日、4月25日は27回目の結婚記念日である。
あの日の22歳と25歳の新米夫婦は、今でもノーテンキに楽しくやっている。
ジイサンバーサンになっても、やっぱりノーテンキに楽しくやっていたいと思う。


ブナが待っているよ!

東山動植物園   愛知県名古屋市

 山に行きたいのは山々なんだが・・・なぁんちゃって!
先週の事である。
職場の玄関横の花壇に水をやっていたら、スロープに足を取られバタッと派手に転んだ。

 右斜めに倒れたので右手薬指、右足脛打撲。 右手甲、右足膝小僧擦り傷。
という訳で患部、紫色であきらかに張れていたり、かさぶた状態。

 右手の薬指の痛み、特に強し。
もしかして、折れているかも? ヒビが入ってるかな?
仮にそうでも、添え木をし動かさないようにして自然治癒を待つのみしか、治療方法は無い。
つまり、病院に行ってもレントゲン(放射線)のリスクを受けるだけなので、このまま大人しくする事に決定。

 それでも休日前夜、どの山に行こうかと話を夫に持ち掛ける。
だが、大事を取った方が良いと、あっさり却下。
その代わり、花盛りだから東山植物園に行こう!と提案あり。
単純なので、いいねぇ!と素直に喜び承諾。

 ここは緑豊かな森に囲まれ、とても都会の中にあるとは思えない静けさである。
約60種類近くの小鳥が、飛来や生育してるほど自然豊かでもある。
また、多種多様な植物、木々が植わっている。
子供達が小さい頃は、よく隣り合わせにある動物園へ、遊びに来た。
手が離れたら夫婦で植物園の方へ、と年に1、2回は来ている。

 何より、園内の花、木、鳥など名前がきちんと表示してあるので勉強にもなる。
ぜひ、今回も目に付いたものの名前を確認したい!と張り切る。

 たどり着いてみると、思ったとおり花盛りで、園内パステルカラーが溢れている。
ビックリしたのは石楠花(しゃくなげ)が、もう咲いていた事だ。
ある一角にはバラのように「ウエディングブーケ」だの「真珠姫」だの個別のネーミングを持った種類が見本のように並んで展示されていた。
どれも、華やかで上品である。
 
 また、写真でしか知らないヒトリシズカが、丘の斜面に咲いているのを発見。
名前がステキなので、ずっと見たいと思っていた。
白い楚々とした控えめな花である。
ちなみにフタリシズカという名前の花もある。

 時代の要望か、あちこちに車椅子通行の不可についての看板が新設されていた。
これから順を追って咲くであろうバラやアジサイなども小さな蕾が付いてる。
並木になってる八重桜の花びらが、風に乗って宙に舞う。
その柔らかな空気の中を、歩いてるだけで上機嫌になる。

 花の美しさもさることながら、木々の新緑が、ため息が出るほど美しい。
日の光を通して見上げるとキラキラと輝く。
特にブナ!どんな絵の具の黄緑色も決して敵わないほどの美しい発色である。

 次回の山は絶対ブナが多い山だな!と夫と誓う。
その後は石楠花!
石楠花の群生している山が確かあった筈である。
思いは、やはり山へ山へと向かう。

 季節ごとの変化に沸きあがるような楽しみを感じる。
誰かが素晴しいものは、みんなタダ!ッて言ってたが本当にそうだ。
美しい自然の営みを前にして、しみじみ贅沢な時間を過ごしていると思う。

・・・ ビックリしたり感心したりとノンビリ廻っていたら、いつの間にか陽が傾きかけていた。



 

円の中心

経ヶ峰   819m  三重県

登山口の駐車場から、いつものようにお弁当とお昼寝マットが入ったリュックを背負い、出発。
もはや辺りの桜の花は、ほとんど散りかけ葉っぱの新芽が芽吹いている。
それでも、桜らしい甘い香りは春の陽光にのって漂っている。
耳に飛び込む音は渓流の水音のみ。
穏やかで、ゆったりとした空間の中を歩き始める。

 暫らくするとウグイスの鳴き声がする。
足元には見慣れないスミレ程の大きさの白い花が、転々と林道脇に咲いている。
ぜひ、名前を知りたいのでカメラに納める。

 山に行くようになり、沢山の花、木、鳥の名前を覚えるのが大きな楽しみである。
昨日まで単なる花だったのが、名前で呼べる嬉しさは、新しい友達が出来た時の喜びと似ている。
自分にとって、かけがえのない存在のひとつとなる。

 先週、久しぶりに高校時代の友人から電話があった。
私が毎年送る、年賀状に写っている山でのスナップ写真。
添えられた文面の 「休日は山に行ってるので、いつも留守です」 のコメント。
面白そうだと刺激を受け、つい先日、宮路山(愛知県)に登って来たと言う。
頂上からの眺めには感動した、と興奮して話す。

 ここ経ヶ峰、1時間半ほどかけて登り切った頂上は何と360度、視界を遮るモノがない。
外を向き、グルーッと回転しながら景色を眺める。
霞繋ってはいるが、遥か彼方の山並みまで見える。
下界の小高い山々の谷間にある、寄り添うような集落も点々と見える。
心が、いっぺんで浄化されるような美しい眺めである。

 帰りの尾根道を、鼻歌交じりに愉しげに歩く。
頭上ではヤマガラが木と木の間を飛び交う。
こうして今日も元気に山へ来られた事が嬉しいし感謝と、しみじみ思う。

 今夏に10数年ぶりだが、クラス会の予定があるそうだ。
約30数年前の高校生だった自分。
こうして山登りを楽しんでるなんて、全く想像すらしていなかった。
だからこそ、先のことをアレコレ考え決め付けてはいけない、と謙虚にもなる。
幾つになっても明日は判らない。

 ここはコースも判り易く、難しい場所も無い。
なのに頂上はサイコーの景色が堪能出来る。
今度、会ったら一番に奨めてみよう!登山を始めた友達に・・・。

息子の就活、閉幕。


 およそ、2ヶ月に渡る息子の就職活動が終わった。
受けた会社は、たった2社のみという超ピンポイント戦線はあっけなく撃沈。
これにて、当初の予定通り大学院へ進学である。
2年後、気持ちが変わらなければ再度この会社へ挑戦だ。

 もともと今、技術系はほとんど院卒を中心に採っているので、大卒は結構厳しいとは聞いていた。
だが息子はチャンスは多い方が良いと挑戦する事にした。
運良く熱望した会社のうち、1社は面接までコマが進んだ。

 が、志望内容を訊ねられ、開発をやりたいと言ったまではいいが、その件について面接官から、かなり突っ込まれた質問をされる。
質問自体、専門用語を持ち出されて聞かれたモンだから答えるより先に、その意味が理解出来なく、シドロモドロになってしまったと言う。

 そうした場合、素直に意味が判りません、と自分の無知をさらけ出すか、おおよそ見当を付け、とにもかくにも答えるかである。
彼の場合、咄嗟に後者を選んだ。
すぐさま、マズイ展開になったと後悔する。
たぶん、その答えぶりから、こちらの知識や熱意の足りなさを見透かされと思う、と息子は言う。

 院進学という逃げ道を持ったまま挑んだ試験。
そこで自分の勉強不足、準備不足を思い知らされた。
沈んだ面持ちで、自分が面接官でもこんな学生はいらない、とまで言い落ち込む。

 何日か後に来た不合格メール。
やっぱり、現実は情け容赦ない。
本人はすでに面接後、気持ちを切り替えたようで、サバサバしている。
取り合えず、8月に行われる大学院の入試に向けて全力投球すると言う。

 親としては、経済的にはもちろん、就職してくれた方が助かる。
だが技術者として出発するなら時勢を考え、少しでも有利な肩書きや実績をつけてやりたいとも思う。
院での2年分の学費も、長い目で見れば本人が将来受け取るであろう院卒の生涯賃金から考えても、充分取り戻せる。

 そんな計算もあったので、今回の件は一応ガッカリはしたが、この挫折をバネに、より一層勉学に打ち込んでくれればと思う。
まずは本人がやってみたい!と感じる仕事に携われるように、地道な努力が大切だ。

 小さい頃から子供たちには勉強する事と、する習慣を確実に付けたいと思って来た。
特に中学卒業までに習う事は、どんな職業、役割になっても土台になる。
せっかく、義務教育という恩恵がある国に生まれたんだから、ソレを活かさなくてどうする!という思いも強い。

 特に男の子は永い年月仕事をして、家族を養う役目の可能性が高い。
(場合によっては女性が働き、男性が主夫でもそれはソレで良い)
同じお金を貰うにしても、自分好みの仕事に就いた方が愉しい。
勉強した結果、成績が良いとやれる仕事の可能性が広がるし選択肢も多くなる。

 もちろん職人さんや芸人さんという選択をしても面白いし、応援したい。
どんな職種についても、まず勉強し、する習慣が本人に付いてなければ、たいしてモノにはならない。
どの道のスペシャリストも必ず勉強熱心だし、向上心がある。

 そんなワケで母としては意識的に勉強するように仕向けたフシもある。
勉強って面白い!と思わせようと企んだ事もある。
だがもう息子も大人だ。
当然母は何も言わないし、言うつもりもない。
自分で考え、自分で切り開いていってくれ。

 欲を言えば、息子は保育園から大学まで全て国公立だ。
この上、大学院まで行けば多大な教育費を国(税金)から受けた事になる。
やはり、その学んだ力、知識を何らかの形で社会に還元しなくてはいけない。
その事も自分で気付き、意識して仕事に向かい将来結果を出せれば拍手を送ろう!

 ・・・ まぁ、またこの1年プラス院の2年分、養なってやるから、しっかり勉強するんだゾ!
・・・ヤッホー!

桜三昧

萩太郎山  1358m  愛知県(長野県との県境)

 2008年春、こんなに 「桜の追っかけ」 をする年は初めてである。
2週間ほど前から、この辺りでも咲き出した桜。
勤めている、ディサービスでも束の間のメイン行事が花見に決定。
よって、お天気さえよければ外出となる。
車椅子を車に積み込み、前回はあの公園だったから、今日はここの並木道!とばかりに出没している。

 今日あたり、ソメイヨシノは散り出している木々もある。
が、留めのように今度の金曜日、仕事でシダレ桜の名所に行く予定。
少し遠出をして、お年寄りの遠足にとシャレこむのである。
こんなに見続けていても、行くたびに感激である。
お年寄り達も歓声の連射だ。

 咲ききっても、けっして変色しない薄桃色の花びら。
いっとき満開になったと思ったら、風の流れに乗って雪のように舞っていく。
きっぱりとした潔さを感じる情景である。

 仕事で桜を見続けているのに、やっぱり休日も桜を追う。
そろそろ、雪どけ跡からフキノトウが顔を出す頃である。
去年、見つけた嬉しさが蘇り、もう一度、萩太郎山まで道中の桜を眺めながらドライブとなる。
思ったとおり、あっちにもこっちにも満開の桜だ。

 特に足助の町に入ると、川沿いは見事な桜並木である。
薄桃色の大きな集合体が、ここ一番とばかりの張り切りようである。

 およそ2時間半、堪能しながら走って到着、萩太郎山。
まだ、風冷たく、周囲の桜ももちろん咲いてはいない。
所々の残雪を避けて冷たい微風の中をゆっくり登る。
遠くを眺めれば、南アルプス3000m級の山々が見える。
雪を冠って美しく輝いている。

 目を凝らして足元を捜す。
あった!あった!フキノトウ。
雪解け水の湿った土の中から健気に顔を出している。
1300mの地にも、やっぱり春が来ている。
あと2週間もすれば桜が咲き出し、すっかり春の装いになるだろう。

 | HOME |  ▲ page top