プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 やたら元気な50代
ノーテンキな夫と二人暮らし。
結婚してウチを出た長女と長男と次男あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、ブナ!

 天狗棚  1240m  愛知県

 ブナの新緑が見たくて、天狗棚まで車を走らせた。
思っていたとおり、美しい萌黄色の葉っぱが陽に反射し、本当に綺麗!
昨年の今頃は、お店の開店準備で、山どころではなかった。
毎日、試作と開店準備で忙しく、自分にとっては 『山空白』 の1年であった。

 こうして、また山に来られるようになったことが何より嬉しい。
故、田中澄江さんが自著の中で、山登りは60代が一番楽しめると書かれている。
体力が安定しているし、何より家庭からも自由になるから、とのこと。

 なるほど、50代はやれ更年期だ、やれ老化現象顕著化だのと心身ともに不安定に生り易い。
家庭内も、年齢的に子供や自分の親のことなど、心配は尽きない。
が、60代にもなれば子供も、もう勝手にやってくれ!年代になってるし、親もこの世に居ない確率がかなり高い!
自分自身の老化現象にも慣れ、バァさんまっしぐらがどうした!っと、かなり開き直っていると思う。

 私も60代には、一応まだ遠いが、絶対その時になっても3000m級の山々に登れる位の体力を、維持していたいと思っている。
それには、やはりコンスタントに山に行っていなくてはならないのだ。

 さっきも、いつも行く米屋のオバサンに「わたしゃ、未だに10キロの米袋どころか30キロの米袋も持てるよ!」と自慢された。
オバサン、御年70代後半と思われる。
その、ほとんどバァサンに近いオバサンが、今でも30キロの米袋を持てるのは、毎日担いでいるからだ。
私も、米屋のオバサンに負けずに、地道に山登りに行っていたい。

 しかし、山って本当にいいなぁー・・・。
四季があって、山がいっぱいの日本に生まれて、本当に幸せ!である。

 

 
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。