プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 やたら元気な50代
ノーテンキな夫と二人暮らし。
結婚してウチを出た長女と長男と次男あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメールに会いに♪


自宅6:00→京都市美術館8:45~11:00→梅公路公園11:30~12:30→お昼ごはん(京料理生ゆば料理 松山閣 松山)13:00~14:00→ 駐車場(梅小路公園駐車場)15:00→帰宅18:00


 楽しみにしていたフェルメール。
以前、TV『美の巨人』だったかな?で、紹介された画家。
たしか、その時の紹介された絵が 『牛乳を注ぐ女』 だった気がする。
静謐な中にも生活や日常が、ちゃんと感じられる絵だった。
とにかく、それを観てからずっと本物の絵を観てみたいと思っていたのだ。

 今回 『手紙を書く女』 『手紙を読む青衣の女』 『手紙を書く女と召使い』 の3点。
たった3点なのは、フェルメール作品自体、現存しているものが33~36点と少ないのだ。
おまけに価値が高いので、世界中の美術館に散らばっている。
なので今回の絵画展、同じ17世紀に描かれたオランダ絵画をも、集めたものとなっている。
ちょうどこの時代、手紙を書くのが流行ったとのことで、手紙を主題にした作品集である。
その名もずばり 「フェルメールからのラブレター展」 。

 実際、目にしてやはりフェルメールブルーと言われる青が素敵だった。
また、映画のワンシーンのように、今にも作品が動き出そうとするかのようなリアルさも惹き付けられた。
何と言ってもうまく言葉に表せないが、絵を見ていると、確実に存在したであろう17世紀、異国の人々の生活の空気そのものが、ビンビンと心に入ってくる。
今までに、どれだけのおびただしい人々が生まれ、生活し、死んでいったことだろうと思うと感慨深い。
その、人の一生の儚さゆえに、やはり今更ながら丁寧に生きていきたいと厳粛な気持ちにもなった。

 ただ、今でもそうだが、この時代、絵筆一本で食べていくことはかなり難しかったそうだ。
最終的にフェルメール、晩年(といっても40代で亡くなっている)はお金にかなり苦労したという。
11人の子宝にも恵まれたが結局、亡くなった後の奥さんも破産している。
その、波乱万丈人生も考えると余計、残された絵に愛おしさがこみ上げてくるのだ。



 ☆ちょこっと、お勉強
ヨハネス・フェルメール(1632年~1675年)
17世紀に活躍したオランダの画家。
フェルメールブルーと言われるラピスラズリ(深い青から藍色の宝石、当時純金と同じほど高価だった)を原料とするウルトラマリンを使用した絵が有名である。

 

 
スポンサーサイト

 ちょっと、お散歩

宮路山、五井山  362m 454m   愛知県蒲郡市

 ちょっくら、散歩のつもりで山登り。
麓の駐車場から宮路山頂上まで20分、そこから縦走して五井山頂上まで1時間。
合計、約3時間弱の手頃な高さの山である。
もう、何十回も上がったり下がったりしている山だ。

 紅葉には、まだまだ早いがそれでも森の中をテクテク歩く心地よさは何ものにも変えがたい。
もちろん早起きして、お弁当も用意。
頂上での食後のお昼寝も、極楽極楽っという気分である。

ところでこの宮路山、実は、驚く無かれ万葉集や更科日記、また十六夜日記にもその名が登場するという、由緒正しき山なのだ。
おまけに頂上には持統天皇(645年~703年第41代天皇)が、此処に立たれたという記念碑もある。
その歴史深き山ゆえ、脚本家の田中澄江さんも、わざわざ生前、登りに来てみえる。
持統天皇や田中澄江さんが、その昔、此処からの景色を眺めたであろうと想像すると、やはり感慨深いものがある。

 秋来てぞ 見るべかりけり赤坂の 紅葉の色も 月の光も    (藤原盛忠)

 と詠まれているように古より紅葉の名所としても有名だったようだ。
(赤坂というのは、この辺りの地名であり、現在も使われている)
もっとも、この場合の紅葉というのは山服に自生している数千本のコアブラ(ドウダン)ツツジの事である。
11月下旬頃が見頃だ。
もちろん、過去にその美しい彩りの季節に来たことは何度もある。
山腹の東屋から眺めると、見事な紅のグラデーションであった。

 今回、嬉しかったのは、何と!アサギマダラという渡り鳥ならぬ渡り蝶と遭遇した。
この蝶、春は種子島などから北上し、秋は北から南へと、季節により長い距離を移動するという。
頂上付近で2度見つけた。
10月中旬この辺りへやって来るそうだ。


   ・・・・・・世の中、何が起ころうと、季節は着実に、廻って行く・・・・・・。



 ☆ ちょこっと、お勉強

 万葉集   7世紀~8世紀にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集。
 持統天皇  実際に治世を逐行された女帝。
 更科日記  菅原孝標女が平安時代に書いた回想録。
         作者13才(1020年)から52才(1059年)までの出来事が綴られている。
 十六夜日記 鎌倉時代1283年頃、藤原為家の側室、阿仏尼によって記された京都から鎌倉への紀行文。
 藤原盛忠  少し調べたが、いまいち素性が良く分らないオッサン。



 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。