プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 やたら元気な50代
ノーテンキな夫と二人暮らし。
結婚してウチを出た長女と長男と次男あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレガントなお婆さまです。

 何ヶ月か前の事だった。
夫が図書館で、私が好きそうだったからと借りてきてくれた本。
笹本恒子さんという、現役写真家のエッセーだった。

 読みながら、なんて素敵な女性だろうと思った。
とにかく毎日を楽しんで、いきいきと生活し、その上お仕事をされている。
そういう人はいくらでもいるが、それがなんと97歳の女性、というのが驚きであった。
自分の知っている範囲の97歳と言えば、もう半分どころか、ほぼあらかた棺桶に足を突っ込んでいるような人達ばかりである。

 どういう風に年を取ってきたんだろう?興味深々である。
読みながら、実物はどんなお方だろうと、ぜひぜひ映像で拝見したいと思っていた。
ところが、やはり巷で話題になっているらしく、最近TV出演されているというのを小耳に挟んだ。
それを、これまたTVっ子、いや、TVジイサンである夫が新聞の番組欄で見つけてビデオに撮ってくれた。

 びっくりである。
エレガントという言葉がぴったりの女性であった。
今まで、正直エレガントという言葉を使って人を表したことはない。
そう表現したい人に、めぐりあった事がなかったからである。
だが、この女性は確かにエレガントという言葉がピッタシなのだ。

 雰囲気もさることながら、話す言葉がとても綺麗な日本語を話される。
聞きながらウットリである。
美しい言葉遣いというのが、こんなにも人としてのランクを上げるとは、改めてビックリである。

 そういえば、昔、遠藤周作さんがエッセーの中で「私」を「ワタシ」ではなく、ちゃんと「ワタクシ」と言いなさい、と奥様だったかを叱られていたのを読んだことがあった。
笹本さんも、ちゃんと「ワタクシ」と言われる。
実際、97歳のお婆様が「ワタクシ」と言われているのを見て、思わず背筋がピンとするし、同時に凛とした空気が漂う。
それでいて、その言葉から、柔らかい優しい響きも感じるのだ。
まさに、エレガントそのものなのだ。


 ・・・・・明日から私も、みかけは単なるオバサンでも、公の席では「ワタクシ」といってみようと思う。

スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。