プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 やたら元気な50代
ノーテンキな夫と二人暮らし。
結婚してウチを出た長女と長男と次男あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の意外な好みにビックリ!



 この前、実家へ久しぶりに行った。
母と話していると、直ぐに同居している弟夫婦へのグチになる。
よって、その類の話が出始めると用事を思い出したフリして直ぐ帰る。
なので私の実家在宅時間はグチが出る時間とリンクしている。
だいたい30分くらいだ(笑)

 が、今日は違った。
なんでそんな話になったのかは思い出せないが、なんと母は小田和正のファンだとのこと。
えーッ!!!!!!。
母と小田和正。
どう考えても、思いつかない組み合わせである。

 何でも最近のTV番組のバカバカしさにあきれて、もっぱらラジオをきいているそうだ。
で、ラジオから偶然流れてきたのが小田和正の歌!
声がとっても澄んでて綺麗、とウットリ言う。
それに止まらず小田和正のCDを捜しに、最近、ショッピングセンター内をウロウロしたとの事。
が、見つからなかった、とガッカリもしている。

 私がビックリして、まくし立てた。
私はずっと昔から小田和正が好きで、CDも何枚も持ってるしコンサートも何度も行っている、と。
母もそれにビックリしている。
いったい、私達親子は今まで何の話をしていたのか・・・・。
親子でも全く知らない事がある前例である。


 ちょうど、私の車に1枚CDがのっていたので帰り際、手渡すと大喜びだ。
また、母に小田和正のCDでも買って来て上げようと思った。
しかしながら、同じ人の声が好き!だなんて、やっぱりDNAの力は、すごい!


スポンサーサイト

ブナと水芭蕉に会いに

籾糠山   1744m 岐阜県

自宅(5:00)→高速SAで朝食(7:00)→天生峠駐車場(8:50)→頂上(12:00)→少し下がった所でお弁当→天生峠駐車場(15:00)

 ブナの新緑が見たくて、ガイドブックをペラペラしてたら『水芭蕉の群落あり』の文字が目に入った。
すぐさまネットで山の情報を集める。
最近、登った人のコメントで、水芭蕉が丁度見頃だとのこと。
初めて行く珍しさも手伝って、この山に決定!

 想像してたより、沢山の水芭蕉と、見たこともない位のブナの巨木に大感激。
こんなに素晴らしい山、今まで話題に浮上しなかったのが不思議である。
とにかく、原生林としての歴史が古いらしく、巨木が沢山ある。

 頂上までは、時折急な箇所があるが、フラットな距離も多い。
途中、珍しい花も沢山咲いていて飽きる事がない。
ツバメオモト、ニリンソウ、キヌガサソウ、なんとザゼンソウまで発見してしまった。
ところどころ残雪もあり、いまちょうど山に春が来たところという感じだ。

 下りた後は、さすがにグッタリだったが、今度は秋に、絶対また来たいと思った。


           籾糠山
                         

                         天生湿原


ちり取り買った


 最近読んだ本の中でビックリしたのは、東京で1ヶ月の電気代が500円で暮らしている人の存在。
御主人と子供さん2人も一緒に暮らしている。
もちろん、掃除洗濯 『手動』
TVはない。

 基本的な情報はラジオと新聞。
とにかく、特に無理をして我慢しているとか、貧乏だから、とかではなく自然にそうしているらしい。
むしろそういう生活を楽しんでいるようだ。
でも、心の奥には、このままエネルギーを使い続ける日本の現実を危惧しているようだ。

 また他には、日本はエネルギーを使いすぎている!
原発はいらない!って声高々に言うより、自分が無駄なエネルギーを使いすぎていないか反省することが大事、と日々節約生活しているオジサンの本。
そうだ、電気を作ることを考えるより、電気を使わない事を考える!
目から鱗だ。

 私も原発反対なので、こうした事を踏まえて無駄なエネルギーを使わない努力をしようと思った。
そこで、登場したのがジャーン、ほうき!
いらない紙くずをギュッと水で絞って、細かく千切って床にまき、ほうきでホコリと供にまとめる。
コレが、なかなか使い勝手が良い。
おまけにホコリもよく取れる。

 ほうき自体軽いし、当たり前だがコードレス。
なのでササッと使える。
で、掃除機の出番はラストのみ。
まとめたゴミをシュッと一息のみで回収。

 でも、もっと進化?させようと、今日はちり取りを買ってきた。
これで、エネルギーゼロ。
・・・・・・だが、さすがに洗濯の手洗いはカンベン。
他にも、神経質にならない程度で、楽しんでやれそうな節約を考えていきたい。

 



 
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。