FC2ブログ

プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 
ノーテンキな夫と二人暮らし。
独立した子供3人あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 初旅


 お正月休みの連休、ビューンと一飛ッび、飛行機で沖縄の八重山諸島へ行って来た。
沖縄本島より約130キロほど南に散らばっていて、本州よりお隣、台湾の方が近い位置にある日本最南端の島々だ。
予てから石垣島周辺の、珊瑚が連なる美しい海が見てみたかったからだ。
また、日本最南端の人々の暮らしぶりも覗いてみたかったのである。
八重山諸島の石垣、西表、由布島、小浜、竹富、の5島めぐりの旅である。

 往路の飛行機が、ちょうど沖縄に差し掛かったのが、お天気の良い晴れたお昼ごろだった。
上空から見た海はエメラルドグリーンの、それはそれは美しい姿を見せていた。
珊瑚の影も、透き通った海水の底にみえ、海に濃淡の深みを与えている。

 やはり、人間が少ないというのは、あるがままの自然を残せるのだと納得する。
そのあるがままの海の、何と美しいことかと改めて驚嘆してしまう。
船が着く港ですら、海の底が見えてしまうほど、透明度が高い。
もちろん、ゴミや不快な漂流物など全く見かけない。

 中でも石垣島の川平湾は、砂が白いため海水のターコイズブルーがそのまま映りウットリするような海岸である。
グラスボートで沖へ出ると、鮮やかな原色の魚が沢山、珊瑚に群がっていた。
珊瑚の種類も世界有数というだけあり、様々な形の珊瑚を見つけることが出来る。
まさに海中の楽園といった所である。

 また、空港がある島だけに街中へ出れば、かなり賑やかな商店街もあり、その辺の地方都市と変わらない。
約、5万人の人々が生活しているそうだ。
それでも、海はホントに美しい。

 市内遊覧観光バスに乗って島巡りをした。
案内役のガイドさん説明途中、いきなり♪パパッパパインの♪と景気良く歌いだしたのにはビックリ!
石垣島名産のパイナップルの歌、だそうだ。
かなりインパクトの強い歌で♪パパッパパインの♪と、そこだけ耳に付き、聴き終わってからも耳の奥底でリフレインしていたのには、まいった・・・・・・。

 西表島はイリオモテヤマネコで有名なので、間違ってもサイヒョウジマとかニシオモテジマなんて読まない。
島のほとんどを、マングローブが樹立する亜熱帯のジャングル島がイリオモテジマである。
感心したのは、島を通る道路にイリオモテヤマネコが自由に横断出来る様に、地下道が建設されていた事だ。
絶滅危惧種なので保護目的である。
今なお新たに建設中の地下道も数箇所あり、島を上げて大切にされている様子が垣間見えた。

 由布島は、西表島より海の浅瀬を15分ほど水牛車に揺られて渡る、周囲2キロちょっとの小さな島だ。
昼間は観光客で賑わうが、住んで居る人はほとんどいないという。
植物園があり、その中には特産の宝石珊瑚のアクセサリーのお店がある。

 小浜島は、酪農が盛んな島で至る所に牛がいた。
主に、肉牛を畜産していて、仔牛を全国に出荷しているそうだ。
ここで生まれて、神戸で育つと神戸牛、三重県の松阪で育てば松阪牛のブランドになるという。
のどかで笑えたのが、野放しでその辺の草を食べていたヤギが普通にいたことだ。

 竹富島は異国情緒たっぷりの、沖縄らしい建築様式の集落である。
こちらも水牛車で村内ドライブである。
のんびり揺られて、村に関してのウンチクを水牛使いのオジサンに聴く。
ついでに三線で沖縄民謡も聴かせてくれる。
日本であって日本でないような雰囲気が村全体から漂い、色んな文化があるんだと感心しきりである。

 琉球料理の美味しさにもビックリである。
ホテルの夕食が50~60種類くらいの琉球料理中心のビュッフェであった。
もちろん、初めてみる料理のオンパレードである。
沖縄らしく、豚肉が多く使ってあったが臭みが全くなく、どれもホントに美味しかった。
味付けも、特に強烈な香辛料風味とかはなく、濃い薄い加減もちょうど良く食べやすい料理である。

 帰宅後、ネットで調べたら琉球料理は、中国の医食同源を元にアレンジされた料理でもあるとのこと。
通りで様々な食材が使ってあり、かなり身体に良さそうに見受けられたからだ。
美味しくて夫と二人、もうこれ以上は絶対無理!というまで久しぶりに食べ切った、という感じであった。

 美しい景色、美味しい料理、文化の違いの面白さ。
思い切って出かけて良かった、としみじみ思った旅であった。
いつも山に行っても思うが、ホントに日本は美しい国だと思う。

 ついこの前、新聞で見た。
日本は先進国の中でも、フィンランドについで世界第2位の森林王国だとのこと。
たしか小学生の頃習ったが、国土の7割近くが山だと思う。
山が多いから水の恵みが大きい。
おまけに、国土が南北に長いから様々な気候があり、そのおかげで多種多様な種類の動植物が存在する。

 ・・・・・・まだまだ、行ったことのない所だらけである。
旅に出るたび強く思う、また頑張って働こう!と。
働かざる者、喰うべからずである。


                   
             GetAttachmentマリュウドの滝西表島
 

 西表島のマリユドゥの滝、日本の滝100選に入っているという。
船で浦内川を軍艦岩まで渡り、亜熱帯の照葉樹林の中を歩いて40分、雨が降っていたのでカッパを着こんでの強行軍であった。
何とも人を寄せ付けない雰囲気の、神秘的な滝である。
 



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yatugatake425.blog84.fc2.com/tb.php/299-1e8b733c

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。