FC2ブログ

プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 
ノーテンキな夫と二人暮らし。
独立した子供3人あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワセミの観察


  気が付けば、もう今年も12分の1ヶ月が終わってしまう。
あっけにとられる位の、時間の早さである。 

 毎年のことだが、今時分になると我が家の庭に、様々な野鳥がやってくる。
もちろん、庭木にはミカンやパンくずが引っ掛けてある。
家の中から居ながらにして、バードウォッチングを楽しむためだ。
それに気をよくし、ウチにこない鳥も観てみたいと天気の良い休日、池のある森へ出かけた。

 ラッキーなことに、カワセミを見つけた。
真冬の冴えない樹木の葉っぱの中では、ひときわ鮮やかなコバルトブルーの羽色は、直ぐに目を引く。
木の枝でジッとしているが、エサを狙っているのだ。
池のほとりの東屋で、ランチを摂りながら見物と洒落込む。

 カワセミは、その美しい容姿もさることながら、エサを捕る姿も華麗だ。
2種類のエサの捕り方があるという。
まず、水面の上をヘリコプターのように低空飛翔(ホバリング)しながら捕る。
もうひとつは、木の枝などにジッと止まり、水の中を観察し見つけた獲物を一直線にダイビングしゲットする。

 今回は、一直線のダイビングが得意なカワセミクンである。
枝に止まっている羽が、メタルっぽいので向きにより、陽の光に反射しキラキラ輝いている。
ジッとしてたかと思うと、目にも留まらぬ速さで水面に突っ込む。
うまくエサをゲットするたび、拍手喝さいである。

 その光景が、あまりに面白いので通りすがりの夫婦連れのオジサンに、カワセミがいる事を教えて上げる。
ギャラリーが自分達だけでは、もったいない。
しばらく、そのオジサン達も見とれていた。

 うっとりと、カワセミのワザに見とれていたら、クシャミが出た。
続けて、また出た。
風邪?と思ったら、ハッと気が付く。
もう2月が、すぐそこだ。
・・・・・・花粉症の季節である。
何だか、一挙に憂うつになった。


           GetAttachment 豊田昭和の森 横
 
                     豊田市 昭和の森の池
 


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yatugatake425.blog84.fc2.com/tb.php/303-d1900776

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。