FC2ブログ

プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 
ノーテンキな夫と二人暮らし。
独立した子供3人あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブハウスへGO!


冬のボーナスが出た次男。
今回も私達夫婦に何か、ご馳走してくれると言う。
なるべくなら、自分が行ったことが無いお店が良いとリクエストをしておいた。

 さて当日、案内されたところは何と、ライブハウス!
畑のど真ん中にある、いっけん町工場のような建物。

 中に一歩入ると妙に薄暗く辛気臭い。
スポットが当たったお客のテーブルだけフンワリ明るく浮かぶ。
トナカイの帽子を冠ったセーター姿のオッサンが、軽やかに料理を運んでいる。

 ほぼ満席の店内は賑やかな話声や笑い声。
ざわめきが重なって独特の雰囲気を出している。
そうそう、昔、洋画で観た場末の酒場のような雰囲気だ。

 メニューを開いた次男が「何でも好きなもの頼んでいいよ」ってひとこと。
お酒はもちろんピザ、パスタ、ハンバーグなど定番の洋食のほかは、カルパッチョはじめお酒のツマミ的一品料理多数。
コーヒー紅茶などカフェメニューも並んでいる。

 私はハンバーグ定食(定食って言葉が、お店に合わず笑える!ほかにもっとコジャレタネーミングはなかったのか?と突っ込みたくなる)夫と次男はピザにした。

 暫らくすると、外から60年代のファッションに身を固めたグループが入って来た。
お兄さん達、頭もしっかりポマードで黒光りしている。そこら辺のホコリを一挙に退治出来そうだ。
お姉さんの服も腰がキュッとしまって裾がパァーと開いたフレアースカート。

 それぞれ楽器を抱えて始まった。
その服装が流行った頃の曲だ。
ノリがいいせいか、ステージ前では踊りたい人達が一人、また一人とテーブルから飛び出て行った。

 中にはあきらかに、孫が居る?というカンジのお爺さんもかっこよくステップを踏んでいる。
その時代が青春だったのは予想がつく。
すぐに結構な人数になり、みんな愉しそうに踊っているではないか。

 何だか観ている方も楽しい。
テーブルに座っている私達も、頭や身体で拍子を取っている。
やっぱりライブはいいなぁー、と、しみじみ思う。
次男が言うには、一度こういうところに私達を連れて来たかったそうだ。

 ライブハウスは、5~6年前に夫の知り合いが、やっぱりバンドを組んでいて、観にきて欲しいと誘われ2,3度足を運んだことがある程度。
初めてではないが、めったにないことだ。
「ふーん、たまには良いね。」と夫と頷きあう。

 ・・・・・・・しかし長年、早寝早起きの習慣。
9時過ぎる頃、眠くて眠くてアクビ連発・・・・・・。
見かねた次男が1ステージの後の休憩タイムに「もう、帰る?」
「ハイ、母は眠たい」とあっさり、帰宅となった。

 何だか、不思議な一夜であった。
この何十年、夜、ほとんど出歩く事のない私には、あのライブハウスは不思議な空間であった。
自分からまた行こうとは思わないが、なかなか愉快な経験だった。
そんな次男のチョイスは確かに面白く、ありがとうでござった。
まぁ、また次回もよろしく!




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yatugatake425.blog84.fc2.com/tb.php/331-850e8913

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。