プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 やたら元気な50代
ノーテンキな夫と二人暮らし。
結婚してウチを出た長女と長男と次男あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の模様替え


 築31年の我が家。
結婚と同時に出来上がり、住み出した。
スタートは木造平屋の2DK。
共働きの二人には、掃除など手入れも含めて丁度良い広さだった。
子供達が小さい頃には家事をしていて、どこに居ても遊んでいる子供達の気配が分るのが良かった。 

 それでも子供達が大きくなるうちに、それぞれ個室が欲しかろうと2階を増築。
結婚して12年後には一挙に5DKとなる。
その後、キッチン、玄関を広くして、お風呂場の浴槽もステンレスから人工大理石にしたりした。
ネコの額ほどの小さな庭は二人乗りブランコが置かれた砂場が中心だった。
それも埋めて、今は木製デッキになっている。

 その内、子供達も結婚して一人、また一人と家を出て、今は3人暮らし。
といって、今更小さくしていくわけには行かず大きさはこのままで、とにかく住み易くしたいと思った。
で、この夏は1階の10畳程の居間と当初寝室だった隣の4畳半の部屋の境の壁を取り払った。
居間を大きくしたのだ。
目指すはカフェのようなリビング。
カフェのようにのんびり、ゆっくり心地良い空間をめざすのだ。

 といっても、予算はあまりかけたくない。
出来るだけ、自分達でやる。
必要なモノは自分達で作れないか考える。
在るモノを活用する。

 まずは壁を漆喰で夫が塗った。
ビニールクロスは、時が経てば薄汚れるだけだから避けたかった。
漆喰は、それ自体湿気を含んだり排出したりと呼吸するので人の身体にも良い。
床も同じく調湿性のある無垢の板をはった。
もちろん、塗装は木材の呼吸を妨げないのと、空気を汚さない環境国ドイツの自然塗料を塗った。

 照明は雑誌に載っていた雑貨屋さんで見つけたレトロなペンダント。
スイッチを入れると光がシェードの模様を通って漆喰の壁に陰影を作る。
なんとも、雰囲気が良い。
椅子は結婚する時に買った木製の椅子。
子供達が生まれてから必要がなく、ずっと仕舞ってあったもので今回30年ぶりに引っ張りだした。

 まだ、テーブルがないけど、夫が作ってくれるらしい。
照明も二つのうち一つ、まだ配線が出たままである。
ゆっくり気に入るものを捜そうと思う。

 再来月、次男が家を出て、一人暮らしをすると言う。
自分の足で立って歩いていけるようにする。
子育ての最終目標である。
何とかメゲずに一人でガンバレ。
朝、一回だけ自分の顔を拭いたタオルを、気楽に洗濯カゴに放り込んで行く次男。
自分で洗濯するようになっても、そうするだろうか?
ともかく「あらら・・・・」と思う事が多いだろうが、自分で何とか解決していくんだ。


 さて私達は31年ぶりに、また二人に戻る。
22歳と25歳の若夫婦も、それなりになってしまった。
もう、喧嘩する面倒臭さも良い意味で身に染みている。
毎日、気分良くお気楽に過ごしたい。
煩わしいことは、なるべく避けてノーテンキに暮らそう!



コメント

Re: こんばんわ

夏風涼風様へ

 朝の連ドラ視聴の日課・・・良いですね。
ウチは色んな国や国内の山の紹介に関する番組は必ずチェックして録画し一緒に見て、あーでもない、こーでもない、って言い合って観ています。

 最終的にやっぱり、夫婦で残ることが多いですね。
月並みですが、一番身近な人と愉しくやれたら、結局いつも愉しかった、で幕を降ろせるんでは・・・と思います。

こんばんわ

こんばんわ
 「喧嘩する面倒臭さも・・・」
 なんとなくわかります。かみさんと録画した朝の連ドラを、風呂上りに見るのが日課になっています。
 我が家も就職、進学で上の二人が家を離れ、三番目も来春にはいなくなりそうです。
 十三年前に建てたマイホームがとても広く感じる今日この頃です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yatugatake425.blog84.fc2.com/tb.php/346-ac4b78cf

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。