プロフィール

あやこ3

Author:あやこ3
 
ノーテンキな夫と二人暮らし。
独立した子供3人あり。


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『沈黙』の舞台とコルベ神父の足跡を訪ねて


 20年、いやもっと前かもしれない。
『沈黙』遠藤周作著を読んだのは・・・。
あれから漠然と、その舞台の長崎へいつか行ってみよう!と思っていた。

 それから何年かしてからだ、コルベ神父のことを知ったのは・・・。
何かの本だったと思う。
第二次世界大戦中にナチスに捕まった、ポーランド人のコルベ神父。
アウシュビッツと言う強制収容所に送られた。

 そこは、どうしてここまで人間は残酷になれるのだろうと思う位、捕らえた人を残虐に扱った場所である。
人間が動物以下、虫けらのようにされ、おびただしい数の人々が亡くなったところだ。
その状態の中で、ナチスの非常さと全く相反する人間性を見せて下さったのがコルベ神父だ。
人の最も崇高な精神を示された神父である。


 アウシュビッツ内では10人ひとグループで強制重労働をさせていた。
・・・ある日、一人の脱走者が出た。
ナチスは連帯責任を命じた。
残り9名に餓死室行きを命じた。

 そこは裸で牢獄に放り込まれ、文字通り水も食料も与えられず、ただ死を待つだけの部屋。
すぐさまその9名の内の一人の男が悲痛な声で嘆いた。
「わーぁ、俺は、もう妻や子供と会えないのか!」
 
 その時だ。
グループとは全く無関係な、大勢の中から一人の男が前へ進み出た。
そして、こう言った。
「私は神父です。なので妻も子供もいません、私がその人の身代わりになります。」
コルベ神父である。
こうして彼は、自ら身代わりになり餓死室で17日間苦しんで亡くなった。


 ・・・・・・・ずっと心の隅にコルベ神父のことがあった。
それから何年か後に知った。
なんと、そのコルベ神父が、戦前に長崎で布教活動をしていた時代があった、と。
これはもう絶対、いつか長崎に行ったらその足跡を訪ねたい!と思っていた。
今回やっと縁あっていく事が出来た。



 様々な思いを飲み込むように
長崎の外海の海は、大きく深い深い青をしていた。



2014.1.14
 セントレア(7:14)→長崎空港(9:30)→雲仙へ→旅館にレンタカーを置いて雲仙地獄を散歩→旅館(17:30)
 
     1.15
 チェックアウト(9:00)→平戸ザビエル記念館(11:40)→外海→遠藤周作文学記念館(14:50)→長崎中華街→ホテル(19:00)→稲佐山、夜景(17:10)→ホテル(20:00)

     1.16
 チェックアウト(8:15)→外海→長崎大浦天主堂、コルベ記念館、寄留地、聖母の騎士修道会、コルベ神父記念館、浦上天主堂→長崎空港(17:00)→セントレア(21:30)
 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yatugatake425.blog84.fc2.com/tb.php/368-cbedab4a

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。